日本全国どこからでも入学できるのが魅力

通信制高校とは通信により教育・授業を行う学校で、学校教育法により修業年限は3年以上と決められています。

通信制の高校では、家庭の事情で働かなければならない人や、学校中退や不登校の人にも安心して受けられる教育が揃っています。個人のペースで学習し、卒業資格を目指します。
基本は自学自習ですが、レポートやスクーリング、テストなどで単位を取得します。レポートは学校が指定する回数提出し、添削の指導を受けます。最近ではインターネット添削も主流になっています。
スクーリングとは面接指導のことで、自学勉強で分からない個所を聞く事ができます。

月2回の所もあれば、毎日あるいは合宿型のスクーリングもあり、学校の特色により異なります。
個人の学習進度により卒業時期が違い、最短で3年、在籍期間を活用して10年以上かけ卒業する人もいます。

入学時期は一応決まっていますが、転入はいつでも可能

eyecatch3
通信制高校の入学と編入は4月と10月の募集が多く、転入は随時行っています。必須科目の単位取得済み、または履修認定を受けた人の卒業は3月と9月が多くなっています。
通信制には普通科以外に、専門科、総合学科があります。普通科は普通教育の知識を身に付け、各教科の基礎を学ぶ事ができます。専門科ではより専門的な知識を学ぶ事で、高度な教育を学べます。
総合学科では、幅広い科目の中から生徒自身が選択して学ぶ事が可能です。こちらの科では、高校1年で総合学科を学び、2年で専門科コースを選択する事も可能です。全国各地に通信制高校はあります。
高校の情報はネットで検索する事ができ、学校の雰囲気や校風、学習内容など気になる事をチェックする事ができます。
またサイトでは合格実績や試験対策、大学進学情報など、希望者に合った道を探す事ができます。