通信制高校に通うメリットとは?

通信制高校とは、働きながら勉強をしたい人や、不登校の為に高校を卒業出来なかった人、やむを得ず高校を中退してしまった人等の、学業不振者に合わせたスタイルで、教育を行う事を言います。
一般的な全日制の高校や、夜間等に授業を行う定時制と違い、基本的には自宅で自習をするような勉強スタイルで、課題を提出したり、面接指導を受けたり、試験をする事によって、単位を取得していきます。

単位が取れれば年数は関係なく卒業できる

このように単位制である為、個人での学習の進み方によっては、最短で3年程で卒業をする人もいれば、10年以上をかけて卒業をする人もいます。
通信制高校には、たくさんのメリットがあります。まず、自分のペースで勉強が出来ると言う事です。
全日制や定時制と違い、主に個人での勉強になりますので、働きながら高校卒業の資格を持ちたい人や、何らかの理由で不登校気味になってしまう人でも、焦らずに勉強が出来ると言う事です。
次に、留年がないという事です。一般的な高校では、1年間で与えられた教科を学習し、単位を取得しなければ次に学年に進級する事は出来ません。
ですが、通信制の場合は単位制なので、卒業までに決められた単位を取得すれば良いで、時間を気にすることなく、自分のペースで卒業する事が出来ます。

年齢制限が無い

次に、誰でも通う事が出来ると言う事です。中学を卒業していれば、卒業したての人から80歳等の高齢者まで、誰でも通う事が出来ます。働きながら通う人もいれば、定年になってから通う人もいます。
学年制ではない為、様々な年代の人と交流する事が出来るので、交流がの幅が広がります。また、こうした通信制では不登校といった悩みを抱える人が多いので、同じ悩みを持つ友達が見つかる場合もあります。